ここだけ死守できれば飲食店は倒産しない

飲食店経営支援

本日は「飲食店はこれだけ守れば大丈夫!!!」

 

というテーマでやっていきたいと思います。

 

よくF/Lコスト60%以下、55%以下などを聞く事があると思いますが、それだけでは全く不十分です

※F=Food(原価)  L=Labor(人件費)という意味です。

 

 

飲食店で非常に重要なのは立地です。同業態で同じ店でも、場所によって家賃2倍の場合もあります。

そういう事が多い中、それを無視した記述を見る度に「飲食の経営をした事が無いだろうな・・・・」と思っています。

 

よくこういう表で説明する人も多いですが、

これは複数店舗の場合は、年商が1億、2億ある場合、大きな銀行からの借入金などがある場合はいいですが、

年商が1億未満、店舗が2店迄で、また数字が得意でない経営者は上記の表は使わない方がいいですし、時間の無駄です

 

そこでシンプルな表にまとめました。

これから飲食店の目指す理想モデルです。

飲食毎に数字の前後は勿論ありますが、この数字が達成できればかなり超がつく安定経営です。

原価をもっと低くという人がいますが、少子化の進みより情報が開示される近未来、そして首都圏では低原価は通用しません。

 

 

 

人件費が大幅に超えている、家賃が大幅に超えている経営者も多いと思います。その場合は

この表の 原価+人件費+家賃が70%以下なら、

「大きな借入」「大きな設備投資」

が無ければやっていける数字です。(売上は勿論税抜きです)

 

 

 

皆さんのお店は如何でしょうか?

もし70%以内に収まらなければ根本的解決が必要です。

・シフトが適正か?

・商品のロス、原材料の破棄は無いか?

・一番の売れ筋が原価率の低い商品になっているか?

・販売価格は適正か?

・・・などとここには書ききれない位、沢山の検証項目があります。

飲食店経営は数学であり、データ分析、データ把握は必要不可欠です。

 

「 原価+人件費+家賃が70%以下」の達成可否の

確認は簡単なので必ず毎月行いましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イクミパパ 中尾和善

イクミパパ 中尾和善

2012年にイクミママのどうぶつドーナツをオープンさせ、ゼロから年商2億弱までに成長。 廃業が最も多い飲食業界で10年以上続くお店づくり実現。テレビ取材50回以上の経験あり。 と、これだけ見ればスゴイ実績ですが、、、実はここまで苦労の連続でした。 苦労話はプロフィール詳細を確認ください。 とにかく、今までの経験をもとに、集客や売上が下がって困っている方・ 利益が出せない方・悪徳フランチャイズで困っている方の力になれるように、情報を発信していきます!

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


イクミパパ 中尾和善

イクミパパ 中尾和善

2012年にイクミママのどうぶつドーナツをオープンさせ、ゼロから年商1億円以上に成長。 廃業の多い飲食業界で10年以上続くお店づくり実現。テレビ取材50回以上の経験あり。 と、これだけ見ればスゴイ実績ですが、、、実はここまで苦労の連続でした。 苦労話はプロフィール詳細を確認ください。 とにかく、今までの経験をもとに、集客や売上が下がって困っている方・悪徳コンサルやフランチャイズで困っている方の力になれるように、情報を発信していきます!

最近の記事

  1. 冷凍無人販売所が壊滅的打撃😭イクミパパの差別化経営❷

  2. イクミママのどうぶつドーナツでの【値上げ施策】😎差別化経営❶

  3. インスタ運用代行で年間100万円の被害続出?😣

  4. 👶産休クッキーのニュースから学ぶ事

  5. 山崎製パン23年12月期純利益62%増👀値上げできない飲食店は廃業すべきかも?

TOP