飲食店の生存率、廃業率をご存知ですか?

飲食店経営支援

 

 

皆さんはじまして、飲食店チャンネル

飲食店コンサルタントのイクミパパです。

 

突然ですが企業・個人事業の10年の生存率が6.3%、20年の生存率が0.02%と言われておりますが

ご存知でしょうか?

 

その中でも飲食店の廃業率が一番高くなっています。

こちらの表を御覧ください

 

 

 

 

テレビ東京のNEWSで「東京の飲食店の2年の廃業率は約8割とも言われる」

というコメントもありました。

 

実際私は飲食店(ドーナツ店)に携わり10年続けていますが、

10年前のドーナツブームだったお店の大半はありませんし、

メディアで良く取り上げられた「ポップコーン」「パンケーキ」「白いたい焼き」「メロンパン」「ムシパン」なども大半が閉店しています。

私の肌感覚では飲食店は10年の生存率は3~5%だと思います。

 

 

 

なぜでしょうか?

それは 飲食店の開業が一番簡単だからです。

 

①参入障壁が低い(誰でもできる)

②儲かっている企業などの異業種参入が多い

③人件費高騰&人手不足

④原材料高騰

⑤全業態の中で一番低い利益業態

・・・etc

細かい理由はまだまだありますが、上記理由が廃業率の高さになっています。

 

飲食店の中でも大きく三つに分類できます

a 建物所有、家族経営などで「家賃」「人件費」がかなり低い

b 大手ナショナルチェーン(マクドナルド、吉野家・・)

c 家賃を支払い、従業員も多く抱えている

 

 

a が最も生存率が高く c 生存率が圧倒的に低くなっています。

c の10年生存率は1~3%だと感じています。

 

 

特に c に該当する飲食店のオーナーさん、経営は順調でしょうか?

5年続いていらっしゃれば本当に素晴らしい事だと思います。

更に現場に入らないオーナーであれば、相当な優秀な経営能力です

 

 

このブログでは、cの状況で飲食店素人で、持病持ちであまり健康で無い私が

・なぜ10年以上続けられたのか?

・10年続けるために必要な、スキル、勉強方法

・悪徳フランチャイズの見分け方

・悪徳コンサルタントに見分け方

などを中心にお話しできればと思います。

 

株式会社イクミママ

代表取締役 中尾和善

 

 

 

イクミパパ 中尾和善

イクミパパ 中尾和善

2012年にイクミママのどうぶつドーナツをオープンさせ、ゼロから年商2億弱までに成長。 廃業が最も多い飲食業界で10年以上続くお店づくり実現。テレビ取材50回以上の経験あり。 と、これだけ見ればスゴイ実績ですが、、、実はここまで苦労の連続でした。 苦労話はプロフィール詳細を確認ください。 とにかく、今までの経験をもとに、集客や売上が下がって困っている方・ 利益が出せない方・悪徳コンサルやフランチャイズで困っている方の力になれるように、情報を発信していきます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

イクミパパ 中尾和善

イクミパパ 中尾和善

2012年にイクミママのどうぶつドーナツをオープンさせ、ゼロから年商1億円以上に成長。 廃業の多い飲食業界で10年以上続くお店づくり実現。テレビ取材50回以上の経験あり。 と、これだけ見ればスゴイ実績ですが、、、実はここまで苦労の連続でした。 苦労話はプロフィール詳細を確認ください。 とにかく、今までの経験をもとに、集客や売上が下がって困っている方・悪徳コンサルやフランチャイズで困っている方の力になれるように、情報を発信していきます!

最近の記事

  1. 負の情報こそ公開&共有できていますか?😉

  2. 以前催事出店をした 青森八戸の【三春屋三春屋百貨店】が90人解雇していました。

  3. 7年前に騙されたテレビショッピング詐欺😡😡😡

  4. マイベストプロ事務局からメールがありました😁 

  5. いよいよ最終!!!😊【採用側】定着率向上する面接(アンケート⓭終)

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。